000-000-0000

管理者

海外子会社を監査する根拠?

早いもので、2024年はもう4月半ばです。ここ2~3か月ほどはHP経由でのお問い合わせを多く頂くようになっております(理由は分からないですが。。)。感謝申し上げます。  今回のお題は“海外子会社を監査する根拠?”です。前回のコラムでは海外事業への監査の意義と必要性について熱く語りました。でも、被監査側に“え、あなた監査する法律的根拠ってあるの?うち忙しいから(一生)来ないでね!”なんて言われかねません。...

海外事業監査の意義・必要性

さて、そもそものところ海外拠点への監査をする意義・必要性って何でしょうか。 “リスクあるところ監査あり”とよく言われたものです。海外子会社となると日本親会社とは別法人が運営し、また、現地の法令、社会情勢、国民性や文化の違いからリスクがより大きくなり、国内事業よりしっかり監査を行う意義があります。特にたまにちらほらニュースで聞く海外子会社の会計不正なんかは日本親会社と海外子会社の経営層が関与しており、影響も莫大です。...

今内部監査業界に起きていること

花粉の季節真っ只中ですね。花粉症の方は大丈夫でしょうか? さて今回のお題は今内部監査業界で起きていること、です。 ☑海外拠点の内部監査 ☑データ分析やデジタル側面の内部監査への取り込み ☑圧倒的な内部監査を行う人材不足...

内部監査業務でのコンサルの使い方

今回のお題は内部監査業務を行う際のコンサルの使い方です。 いつも聞かれるのが、外部コンサルを使った方がいいのかどうか、です。外部コンサルを使うと高額になる、失敗事例もよく聞く、コンサルを使わなくても自前でできる、といった理由で外部コンサルを使わないことが多いようです。...

海外駐在員の苦悩。。

花粉症は大丈夫でしょうか?ここ最近ぐっと酷くなってきました。 さて、今回のお題は海外駐在員の苦悩です。 一時期ネットの裏で“OKY”という言葉が流行りました。”おまえ・きて・やってみろ“ですね。そう、海外駐在員の多くがこの言葉に首がもげるほど頷くのではないでしょうか。...

むか~し、昔おきた海外拠点での事件

今日の関東地方は寒いですね。。コラムを書いている2月23日17時現在の気温、なんと3度!! さて、今回のお題は海外拠点での事件、です。 日本から遠い場所にある海外子会社ではどうしても目が届きにくく、日本では気づきもしない事件が起こります。筆者も大小問わず海外拠点への内部監査を行った際に大小問わず事件を見てきました。 一番思い出に残るのは欧州某国に内部監査に行った際に、現地の会社が現地法律上では計算書類(≒財務諸表)に対して会計士の監査証明を貰わないといけないところ過去数年間に渡り会計士の監査を受けていなかった、という話です。...

海外拠点の内部監査って意味あるの?

2024年も既に1か月半が過ぎました。早いですね。 さて、今回のテーマは“海外拠点の内部監査って意味あるの?”です。 よくクライアント様に聞かれます。海外子会社の管理に苦労しているんです、海外子会社で何が起きているのか分からないんです、と。実際に見聞きしたことあると思いますが、海外子会社は不正事案がよく発生します。 海外子会社の管理は実務部隊(例えば、経理や海外事業部など)が日頃の管理をすると思います。一方で、海外子会社の内部監査はなぜ必要なのでしょうか?...

森大輔公認会計士事務所、何できます?

今回のお題は、森大輔公認会計士事務所、何できる?です。 皆さんご覧いただいたことある(あると期待!(笑))でしょうか、森大輔公認会計士事務所のHP(https://www.md-cpaoffice.jp/)。サービス内容が記載されています。...

海外での生活・仕事をはじめるにあたり

みなさん、こんにちは! さて、今回のお題は“海外での生活・仕事をはじめるにあたり”です。何か紋切り型のような海外での生活必勝法があるのではないのですが、筆者自らこのあたりがうまくいった、これを知っておけばよかった、などをざっくばらんに書きます。 世の中、ビジネスの世界、よくヒト・モノ・カネ・情報といいますが、この切り口でいけば海外生活・海外での仕事、きっと良いスタートが切れると思います。 1) ヒト...